利用規約

INDICUS SOFTWARE PVT LTD (「INDICUS」) は、「CONTINEO PLATFORM®」という名前で販売されている要素を含むエンタープライズ アプリケーションを開発および実行するための標準化されたアーキテクチャおよび関連ソフトウェアを開発しました。

このソフトウェアは、印刷物またはオンラインのドキュメント、トレーニング マテリアル、サンプル アプリケーション、および関連するすぐに使用できるソリューションおよび Indicus が提供するライブラリと合わせて、以下で「ライセンス ソフトウェア」と呼ばれ、これらの使用条件に基づいてライセンスが付与されます。 Indicus は、ライセンシーがこれらの使用条件のすべてに同意することを条件として、ライセンシーに限定的、譲渡不可、非独占的なライセンス ソフトウェアのライセンスを提供します。 

ライセンスされたソフトウェアにアクセスまたは使用することにより、「ライセンシー」、以下「あなた」とも呼ばれ、これらの使用条件を読み、これらの条件に同意したことを認めます。 さらに、お客様が法人 (エンドユーザー/ライセンシー) に代わって、または法人 (エンドユーザー/ライセンシー) の利益のためにライセンスソフトウェアをインストールする場合、これらの使用条件に同意することにより、お客様は、
エンド ユーザーは、そのエンド ユーザーの代理人として、そのエンド ユーザーの本利用規約に同意します。 エンド ユーザー、またはエンド ユーザーに代わってライセンス ソフトウェアをインストール、構成、またはその他の方法で操作する者がライセンス ソフトウェアを使用するには、これらの使用条件に同意する必要があります。

これらの使用条件は、ソフトウェアの使用に適用されます。 本ソフトウェアにアクセスおよび/または使用することにより、各エンドユーザーは、これらの法的拘束力のある使用条件および随時発生する可能性のある更新バージョンを受け入れ、遵守することに同意するものとします。 エンド ユーザーは、本ソフトウェアにアクセスする、または本ソフトウェアを使用する行為により、エンド ユーザーがこれらの使用条件に拘束されることを認めるものとします。

これらの条件に同意しない場合は、ソフトウェアをダウンロード、インストール、または使用してはならず、ソフトウェアを削除するか、ソフトウェアを取得した Indicus またはそのパートナーに返却する必要があります。 

1. ライセンスの付与と制限。
1.1 ライセンス ソフトウェア – ライセンス ソフトウェアは、ユーザー マニュアル、バイナリ展開ファイル、構成ファイル、データベース スクリプト、および設計ドキュメントで構成され、INDICUS が随時提供するすべてのアップデート リリース、バグ修正、機能強化を含みます。 ライセンス ソフトウェアは、データの取り込み、視覚化、分析、およびビジネス ワークフローを備えたエンタープライズ アプリケーションの開発と実行を可能にします。 ここに含まれる条件に同意することを条件として、INDICUS はライセンシーに対し、ライセンス ソフトウェアを単一の環境にインストールし、実行するための、譲渡不可、非独占的、制限付きのライセンスを付与します。ライセンシーの正式な代表者によって発行され、INDICUS の正式な代表者によって承認された発注書 (発注書) は、ライセンシーの内部ビジネス使用のみを目的としています。 ライセンシー (製品) がライセンス ソフトウェアを使用して開発したライブラリまたはソフトウェア アプリケーションは、共有ホスティング環境またはエンド ユーザーのオンプレミス/プライベート ホスト環境でホストすることはできません。 無料試用期間中、ライセンシーはライセンス ソフトウェアを商用、非営利、または収益を生み出す活動に使用することはできません。

1.2 その他の権利の付与なし – ソフトウェアはライセンス供与されたものであり、販売されたものではありません。 ここに明示的に付与されたライセンスを別にして、INDICUS および/またはそのパートナーは、これらの使用条件に基づいて、直接または黙示、禁反言、またはその他の方法で、ライセンシーにライセンスまたはその他の権利を付与することはありません (以下の権利を含みますが、これらに限定されません)。派生作品を作成するため)。 ライセンシーは、ライセンス ソフトウェア ソフトウェアのソース コードに対する権利またはアクセス権を持たないものとします。 ライセンス ソフトウェアにソース コードが含まれている場合、それは参考としてのみ提供され、本使用条件で指定されたすべての制限に従って提供され、ライセンシーがいかなる方法でも変更することはできません。

1.3 ライセンス ソフトウェアの変更 – INDICUS は、ライセンス ソフトウェアの機能やセキュリティ機能を低下させることなく、いつでもライセンス ソフトウェアを変更する権利を留保します。 INDICUS は、(i) 法的要件の場合、ライセンス ソフトウェアの機能を低下させるか、またはその一部を中止することができます。 (ii) 顧客の受け入れの欠如、および/または (iii) セキュリティリスク。

2. ライセンシーの責任
ライセンシーは、(i) ライセンシーまたはライセンシーの従業員が本利用規約を遵守することを保証するために、商業上合理的なあらゆる努力を払うものとします。 (II) ライセンス ソフトウェアの変更、逆コンパイル、逆アセンブル、復号化、抽出、またはリバース エンジニアリング、またはライセンス ソフトウェアまたはその一部のソース コードの導出を試みたり、その他の個人または団体にその権利を付与したりしてはなりません。他の人または組織がそうするのを助けるような行動を取り、他の人または組織がコピー、リバース エンジニアリング、逆アセンブル、逆コンパイル、翻訳、または変更しようとしている、または試みている情報を INDICUS および/またはそのパートナーに速やかに通知します。ライセンスされたソフトウェア; (iii) ライセンス ソフトウェアのファイルを挿入、削除、置換、変更、またはその他の方法で変更しないこと。 (iv) ライセンス ソフトウェアに含まれるバイナリ コード ファイルを修正、変更、派生物の作成、またはその他の方法で変更しないこと。 (v) 別段の定めがある場合を除き、ライセンス ソフトウェアの全部または一部を他の個人または団体に貸与、貸与、リース、付与、サブライセンス、譲渡、公開、開示、表示、またはその他の方法で利用可能にしないこと。 (vi) アプリケーション プログラミング インターフェースを変更しないこと。これには、インターフェース内に追加のクラスを作成することによるアプリケーション プログラミング インターフェースの変更、または別の方法でクラスの追加または変更を引き起こすことによるアプリケーション プログラミング インターフェースの変更が含まれます。
インターフェイス、(vii) ソフトウェア内の INDICUS またはそのパートナーの通知またはマークを削除、最小化、ブロック、または変更する、(viii) 法律に反する方法でライセンス ソフトウェアを使用する、および (ix) ライセンス ソフトウェアを組み込まない、またはライセンシーが作成したその他のソフトウェアのドキュメント。 そうしようとする試みは、本利用規約および INDICUS の権利の侵害となります。 ライセンシーが上記の制限に違反した場合、ライセンシーは訴追の対象となり、損害賠償責任を負う可能性があります。

3. テクニカル サポート – ライセンシーは、発注書に記載された条件およびサービス レベルに従って、テクニカル サポートを受けることができます。 

4. ライセンス料 - INDICUS に支払われた、またはあなたのために支払われたライセンス料は、本利用規約に基づいて付与されたライセンスを考慮して支払われます。 これらの使用条件に同意すると、ライセンシーは、発注書に記載された条件に従って INDICUS にライセンス料を支払うことに同意します。

5. 所有権と守秘義務
5.1 INDICUS による所有権 – INDICUS は、ライセンス ソフトウェア (およびその一部) に対するすべての権利、権原、利益を留保します。 これらの使用条件は、ライセンス ソフトウェアに対するいかなる権利、権原、または利益もライセンシーに付与するものではなく、さらに、ライセンス ソフトウェアは、INDICUS の所有権の維持と一致して確保および保護されるものとします。 ライセンシーは、INDICUS が知的所有権、権原、ライセンス ソフトウェアの所有権を含むがこれらに限定されないすべての権利を単独で所有していること、およびライセンシーが INDICUS の所有権と矛盾する、または INDICUS の所有権を損なうまたは損なう可能性のある、異議を唱えたり、異議を申し立てたり、行動をとったりしてはならないことに同意し、認めるものとします。さらに、ライセンシーは、INDICUS の所有権または知的財産権に矛盾する、または損害を与える可能性のある、異議を唱えたり、異議を唱えたり、行動を起こしたりしてはならない。 ライセンシーは、本使用条件で明示的に許可されている場合を除き、ライセンス ソフトウェアを使用してはなりません。 ライセンスソフトウェアのコピー、修正、改訂、強化、改作、翻訳、または派生物、またはライセンスソフトウェアを使用して作成されたものは、INDICUS が独占的に所有するものとします。 INDICUS は、INDICUS および/または CONTINEO の Web サイトを含む INDICUS のマーケティング活動において、ライセンシーのロゴを使用し、ライセンシーの名前および本契約に基づいて提供されるサービスの性質を参照することができます。

5.2 守秘義務 – ライセンシーは、ライセンス ソフトウェアに INDICUS の貴重な企業秘密が含まれていることを認め、ライセンシーがライセンシー自身の秘密情報に使用するのと少なくとも同程度の注意を払って、ライセンス ソフトウェアの守秘義務を維持することに同意します。 ライセンシーは、INDICUS の機密情報に関するライセンシーの義務が、サブスクリプション期間中および (i) 機密情報が INDICUS の一般的なビジネス情報に関連している場合、サブスクリプション期間の終了/満了後 3 年間存続することに同意します。 (ii) 無期限に
INDICUS の企業秘密またはノウハウに関連する機密情報を尊重します。 

5.3 サードパーティ コードおよびオープン ソース – ライセンス ソフトウェアの一部に適用される追加の著作権通知およびライセンス条項は、Contineo プラットフォームの Web サイトに記載されている場合があります。 サードパーティのオープン ソース/フリーウェア ライセンスの条項および条件に加えて、これらの使用条件に含まれる保証の免責事項および責任の制限条項は、サードパーティのすべてのソフトウェアに適用されるものとします。ライセンス ソフトウェア。 

5.4 フィードバック – ライセンス ソフトウェアに関するフィードバックを INDICUS に提供する場合、お客様は、方法や目的を問わず、フィードバックを使用、共有、商品化する権利を INDICUS に無償で付与します。 INDICUS がそのソフトウェアまたはドキュメントを第三者に使用許諾することを要求するライセンスの対象となるフィードバックを提供することはできません。 これらの権利は、サブスクリプション期間中も存続します。

5.5 セキュリティ監査 – ライセンス ソフトウェアは、必要なレベルのセキュリティを提供し、全体的なセキュリティ設計の観点からベスト プラクティスをお客様に提供します。 ただし、ライセンシーまたはライセンシーのエンド ユーザーは、自己負担でセキュリティ監査を実施することをお勧めします。 INDICUS は、ライセンシーに請求される可能性のある外部セキュリティ監査中に提起された不遵守を修正する義務を負わない。 いかなる場合も、INDICUS および/またはそのパートナーは、セキュリティ侵害に対して責任を負わないものとします。
5.6 データ収集と個人データの処理 – ライセンス ソフトウェアは、別段の合意がない限り、あなた、あなたのエンド ユーザー、および顧客に関する情報を収集し、それを INDICUS に送信する場合があります。 INDICUS はこの情報を使用して、サービスの提供、ライセンスの管理、および INDICUS の製品とサービスの改善を行う場合があります。 ライセンス ソフトウェアの一部の機能により、それらにアクセスまたは使用するアプリケーションのユーザーからデータを収集できる場合があります。 これらの機能を使用して製品でのデータ収集を有効にする場合、必要なユーザーの同意を得ることを含め、適用法を遵守し、データの使用、収集、および共有方法についてユーザーに正確に通知する目立つプライバシー ポリシーを維持する必要があります。 INDICUS が個人データにアクセスできる場合、INDICUS は、適用されるデータ保護法に完全に準拠して、常に個人データを処理するものとします。

6 保証
Indicus は、ライセンスされたソフトウェアを「現状有姿」でライセンス供与し、いかなる種類の明示または黙示の保証も行いません。 Indicus は、非侵害性、商品性、権原、または特定目的への適合性のすべての黙示的保証を含むがこれに限定されない、適用法によって許可される最大限の範囲で、すべての間接的または黙示的保証を明確に否認します。 Indicus は、(A) ソフトウェアの動作が中断されず、タイムリーで、遅延がなく、信頼性が高く、エラーがないこと (B) ソフトウェアが動作することを保証しません。
他のハードウェア、ソフトウェア、システムまたはデータと組み合わせて、または (C) 保存されたデータは正確で信頼性があります。 Indicus、その従業員またはパートナーが提供する口頭または書面による情報またはアドバイスは、保証を作成しないものとします (D) サービスまたはサービスを利用可能にするサーバーには、ウイルスまたはその他の有害なコンポーネントが含まれていません。 ソフトウェアおよびサービスは、ライセンシーまたはライセンシーの顧客が自己責任でアクセスまたは使用します。 Indicus およびそのパートナーは、いかなる顧客データについても責任を負わないものとします。 Indicus もそのパートナーも、ライセンシーのみが、すべての顧客データの正確性、品質、完全性、合法性、信頼性、適切性、および知的財産の所有権または使用権について単独で責任を負わないものとし、Indicus およびそのパートナーは責任を負わないものとします。顧客データの削除、修正、破壊、損傷、損失、または保存の失敗について。 Indicus は、顧客データの保管に関する一般慣行および制限を確立または変更する権利を留保します。 ライセンシーは、ライセンシーが自分自身を誤って識別したり、ライセンスされたソフトウェアおよび/またはサービスへのアクセスを取得するために虚偽の情報を提供したりしていないことを表明および保証します。

7。 責任の制限

 7.1 責任の除外 – Indicus もその役員、代理人、従業員、パートナーまたは代表者も、間接的、特別、偶発的、結果的または懲罰的な損害または罰則 (逸失利益、損失によるバスの損害を含むがこれらに限定されない) に対して責任を負わないものとします。 、データの損失、事業の中断、人身傷害など)、違反または不法行為によるものであるかどうかにかかわらず、たとえ Indicus がそのような損害の可能性について知らされていたとしても、ライセンスされたソフトウェアの使用に起因するものを含みますがこれらに限定されません。 

7.2 Indicus の責任の制限 – Indicus は、以下について責任を負わないものとします – (i) ライセンシーがソフトウェアまたはサポートを使用できないこと。これには、(a) サブスクリプションの終了または一時停止、または (b) 予期しないまたは予定外の結果として含まれます。停電、システム障害、またはその他の中断の結果としてのソフトウェアの全部または一部のダウンタイム。 または (ii) 代替品の調達費用。 または (iii) 本利用規約に関連するライセンシーによる投資、支出、またはコミットメント。 または (iv) ライセンシーの過失および/または不正行為による、ライセンシーのコンテンツへの無許可のアクセス、変更、または削除、破壊、損傷、損失、または保存の失敗。 または (v) サード パーティまたは再販業者のソフトウェア ライセンスまたは接続されたデバイスから発生する可能性がある付随的、間接的、特別、懲罰的、または結果的な損害。

 7.3 INDICUS の総責任 – ライセンシーが、前のセクション 7.1 および 7.2 にかかわらず、損害を回復するための何らかの根拠を有する場合、ライセンシーは、INDICUS およびそのパートナーから最大 5.00 米ドルまたは 12 か月のライセンス料を上限とする直接損害のみを回復することができます。以下。 ライセンシーは、結果的損害、逸失利益、特別損害、間接的損害、または偶発的損害を含む、その他の損害を回復することはできません。


8. ライセンシーによる保証
ライセンシーは、ライセンシーが適切な予防措置を講じ、適切な手順を確立し、適切な通知を掲載して、INDICUS ライセンス ソフトウェアまたはソリューションのエラー、誤動作、または予期しない操作が発生した場合に、人や財産が損害を受けないようにすることを表明し、保証します。 ライセンス ソフトウェアなどのシステムが個人またはその財産を害から保護するという保証はありません。 したがって、適切な
ライセンス ソフトウェアに接続されたデバイス/機器を操作または保守する際には、常に安全上の注意を払う必要があります。 INDICUS は、ライセンシーまたはその顧客によるライセンス ソフトウェアの使用に起因する人員または財産への傷害または損害について、責任を負わないものとします。

9. リスクの高いアプリケーション
INDICUS がライセンス ソフトウェアの各コンポーネントについて明示的な書面による同意を提供しない限り、ライセンシーは、ライセンス ソフトウェアの不具合が死亡、人身傷害、または重度の身体的損傷につながる可能性があるアプリケーションで使用されないように、合理的なビジネス上の努力を払うものとします。環境損害、原子力施設の運用、大量輸送システム、航空機の航行または航空機通信システム、航空、航空機の運航、または物的損害を含みますが、これらに限定されません。
交通管制、武器システム、直接生命維持装置 (まとめて「高リスク アプリケーション」)。 Indicus は、リスクの高いアプリケーションへの適合性に関する明示または黙示の保証または条件を明示的に否認します。 

10. 補償 ライセンシーは、以下に関する第三者の請求から直接的または間接的に生じるあらゆる性質または種類のあらゆる損失、請求、損害、またはその他の原因 (合理的な弁護士費用を含む) から、INDICUS を補償し、無害に保つものとします。ここに含まれるライセンシーの義務、誓約、表明または保証。 (ii) ライセンシーによる、INDICUS の認定再販業者または販売業者、システム インテグレーターまたはトレーナー、またはその他の第三者の選択、取引および/または契約。 (iii) ライセンス ソフトウェアまたはそのコンポーネントと、ライセンシーが開発した他のソフトウェア、または INDICUS が提供していない他の製品、機器、デバイス、システム、またはデータとの組み合わせ、および (iv) 過失または意図的な不正行為ライセンシーまたはライセンシーの役員、従業員、代理人、または請負業者。 ライセンシーは、ライセンス対象ソフトウェアに関連してライセンシーに対して脅迫された、または開始された請求、訴訟、訴訟、手続きに基づいて、INDICUS に対して相互請求、第三者請求、または同様の請求を行わないことに同意します。 INDICUS が署名した別の契約に基づいてライセンシーを補償することに INDICUS が同意した場合。


11.期間および終了
サブスクリプションは、注文書に記載されるか、無料試用版の場合は Contineo Web サイトに記載されます。 いずれかの当事者によるサブスクリプション期間の完了またはサブスクリプションの終了により、本使用条件は自動的に取り消され、ライセンシーまたはライセンシーの製品は、別段の合意がない限り、ライセンス ソフトウェアおよび関連サービスにアクセスできなくなります。 ライセンシーは、INDICUS が何らかの理由で、またはライセンシーによる本利用規約の重大なまたは継続的な違反により、事前の通知なしにいつでもライセンスおよび関連するサービスを終了できることに同意します。 また、ライセンシーは、INDICUS またはそのパートナーが、ライセンシーおよび/または第三者に対して、ライセンスおよび関連サービスの変更、一時停止、または終了について責任を負わないことに同意します。 ライセンシーは、45 日前に書面による終了通知を行うことにより、サブスクリプションを終了することができます。


12.商標
ライセンシーは、製品が Contineo プラットフォームを使用して構築されていることを識別する「Powered by Contineo」マーク (ブランディング) を削除または変更してはなりません。 このようなブランディングは、製品にホワイト ラベルが付けられ、INDICUS が書面で明示的に同意した顧客に対して行う必要はありません。 標準とは、ブランディングの通常の顧客、または共同ブランド製品 (「Powered by Contineo およびライセンシーの名前」) を使用する顧客を意味するものとします。 白ラベルは特定のものを意味するものとする
ブランディングのない顧客。